インナードライ肌にもビーグレンがいいですか?

インナードライ肌とは、頬などにはかさつきやつっぱりといった乾燥を感じるのに、鼻や顎などには皮脂が過剰に分泌されて、テカってしまう肌のことをいいます。
要は、肌の内部が乾燥してしまっている状態です。
肌の内部、真皮の乾燥はどのように防ぐことができるのでしょうか。
答えは、ビーグレンにあります。
ビーグレンの最大の特徴は、驚異的な浸透力。
これまでの化粧品では、真皮まで潤い成分が届きませんでした。
しかし、ビーグレンの最先端技術「キューソーム」によって、超微細な美容成分を閉じ込めたカプセルが、真皮まで到達。
乾燥状態の真皮から潤いを与えてくれます。
肌の内部が潤えば、乾燥している部分が出たり、オイリーな部分が出たりという悩みが解消されます。
乾燥していた部分は潤い、オイリーであった部分は肌が潤ったという情報が神経に伝達され、潤いを補うための過剰な皮脂の分泌が抑えられるのです。
潤すならば、まずは内部から。
ビーグレンでインナードライ肌対策をされてみてはいかがでしょうか。
ビーグレンの美白の口コミ